公園施設の長寿命化計画とは?

はじめに

公園の老朽化が進んでいることを知っていますか?

国土交通省が平成30年に発表した公園施設長寿命化計画策定指針には次のように書かれています。

都市公園事業においても、全国で約10万箇所11万8千haのストックが存在(平成22年度末現在)しているが、それら供用中の都市公園のうち設置から30年以上経過したものが現時点で約3割を占め、10年後には約6割に達する見込みとなっている。また、設置遊具のうち、設置から20年以上経過したものが約4割を占め、経過年数不明の古いものと合わせると遊具の約6割が相当の年数を経過している状況にある。

設置から30年以上経過しているものが約3割もあるそうです。10年後には約6割に達するので、半分以上の公園施設が30年以上経過しているものが占めることになります。子どもが遊んだり、地域の人がゆっくりできる空間である公園が老朽化すると、さまざまな危険があると思います。例えば、遊具が破損していると遊んでいる子どもが怪我をしてしまうかもしれません。だからこそ、公園施設の長寿命化(メンテナンス)を行う必要があるのです。

今回は、公園施設の長寿命化についてどのようなことが行われているのか紹介していきます。

公園施設長寿命化計画の検討フロー

  1. 長寿命化計画の対象とする都市公園等の設定
  2. 予備調査
  3. 健全度の調査・判定
  4. 長寿命化計画の策定

検討フローについて詳しくみていきましょう。

長寿命化計画の対象とする都市公園等の設定

長寿命化計画の策定とは、段階的に取り組むこと(徐々に対象となる公園を増やす、対象となる施設を増やす、作業工程を分割するなど)が必要となる場合も多いことから、それぞれの地方公共団体において長寿命化計画の対象とする都市公園及び公園施設を適宜設定しながら進められます。対象公園が多数となる場合は、先行してモデル公園を設定し、計画策定の手法について理解度を深めながら、段階的、計画的に進めることも有効であるといわれています。

予備調査

健全度調査の前に長寿命化計画の対象とする公園施設について、現地で公園施設の利用状況、劣化や損傷の状況等を把握するため、予備調査を行います。予備調査を行うにあたっては、あらかじめ健全度調査票(公園概要シート)を作成します。現地調査においては、公園施設ごとに目標とすべき維持管理の水準を意識しながら、劣化や損傷を未然に防止しながら長持ちさせるべき施設の候補(予防保全型管理を行う候補)、または日常的な維持管理や点検を行い、機能しなくなった段階で取り換える管理(事後保全型管理)を行う施設に分類を行います。

健全度の調査・判定

予備調査で予防保全型管理を行う候補としたものについて、構造材(構造体の材料)・消耗材(消耗したり価値がなくなるもの)の劣化や損傷の状況や美観等について詳細な健全度調査を行い、性能の低下状況について判定を行います。判定の結果に基づき、予防保全型管理を行う候補における長寿命化対策の時期や具体的な対策内容について検討を行います。

長寿命化計画の策定

まず、予防保全型管理を行う候補について、事後保全型管理を行う施設か予防保全型管理を行う施設かを確定させます。これらをふまえて公園の維持管理の基本方針、各公園施設の管理類型、長寿命化対策の予定時期や内容などをとりまとめた長寿命化計画とします。

参考 001259048.PDF国土交通省

実際の作業

私は公園施設の長寿命化の内業(計画、計算、製図等の作業のこと)をアルバイトでお手伝いしたことがあるので、実際の内業の作業の一部を紹介していこうと思います。

健全度調査票に公園の概要やどんな遊具がいくつあるのか、それらの様子がわかる写真などが記録されているのですが、私はそれらの体裁を整える作業をお手伝いしました。外業(屋外での作業)で撮られてきた写真をすでにデータにある古い写真と入れ替えて最新のものに変える作業では、たくさんある写真の中から選ぶので、とても時間がかかりました。

写真で見ると、素人目でも明らかに補修が必要なものがありました。公園の長寿命化は、必要な事業だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。