GoToトラベルキャンペーン賛成派・反対派の主張とは?

はじめに

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い甚大な被害を受けた観光業界を対象にしたキャンペーン事業であるGo Toトラベルキャンペーン(以下Go Toキャンペーン)が7月22日からスタートしました。

Go Toキャンペーンの目的は新型コロナウイルスによりダメージを受けた旅行需要を喚起させるため、地域活性化を図るためといえます。

このGo Toキャンペーンの実施に伴い、GoToキャンペーン賛成派・反対派の意見の対立が現在注目されています

理由はGoToキャンペーンは日本の経済の追い風になることが期待されている反面、新型コロナウイルス流行の危険性があり、人々の生活を変化させるものであるからです。

緊急事態宣言の解除後、徐々に公共交機関の利用や消費の拡大を求める動きを続けており、人々の普段の生活に戻ることの期待と不安を込めたキャンペーンであるといえます。

土木の観点からは公衆衛生と交通の分野が関係しています。

この記事では代表的なSNSであるTwitterの投稿から、現在のGoToキャンペーン賛成派と反対派の意見をピックアップし、まとめていきます。

 

賛成派の意見

観光業にとって追い風になる

賛成派で最も主張が多かった意見です。

理由として日本は世界に比べて新型コロナウイルスの流行が抑えられており、今後の経済を見据えたうえで実行したほうがよいと考えられます。

具体的には「今行わないと観光業の大きな衰退を招く」ことや「GoToキャンペーンを取り下げるのは過度な対応である」などの意見がありました。

日本の観光業衰退による経済的な損失を考えている人々は賛成的な意見を持っています。

十分な対策を行えば問題ない

GoToキャンペーンに対して、十分な対策を行えば問題ないという意見もありました。

理由は、適切な新型コロナウイルスの感染拡大防止を行えば普段通りの生活を送ることができ、旅行自体も問題ないと思われているからだと考えられます。

実際に航空業界では徐々に感染拡大防止の方針を固め、徐々に規制を緩和しています。

観光業に携わる人々以外にも、過度に自粛を避けたい人々も一定数存在しており、賛成派となっているようです。

反対派の意見

新型コロナウイルスの流行が加速する

ほとんどの反対派が新型コロナウイルスの流行を懸念しています。

理由は日本の各地で新型コロナウイルスの感染者の増加が毎日のように報道されているからだと考えられます。

実際には大阪や東京などの都市で新型コロナウイルス感染者がPCR検査により見つかっていますが、PCR検査数の増加によるものであるという意見も挙げられています。

また、新型コロナウイルス感染者の増加による医療崩壊の危険性も挙げられていました。

目に見えないウイルスだからこそ、不安に思う人が大多数であると考えられます。

反対派が多いため反発が大きい

GoToキャンペーンに対して反対派のほうが多いため、強行した分だけ人々の反発が大きいため今キャンペーンすべきでないとの意見がありました。

理由は新型コロナウイルスの収縮や医療体制の充実どの後で行えばよいと思う人々がいるからであるといえる。

朝日新聞社の世論調査によるとGoToキャンペーンに対して、74%が反対、19%が賛成したというデータがあるため、反対派が多いことが明白であることがいえます。

今後のGoToキャンペーンの実行により、賛成派と反対派の割合の変化が注目されます。

まとめ

国内の移動だけでなく、海外からの入国制限も緩和される動きがあり、移動に対する規制が解除されつつあります。

GoToキャンペーンの賛成派・反対派のどちらの主張も満たすためには、新型コロナウイルスの感染拡大防止=活動の自粛というイメージを無くすための活動が重要になると考えられます。

今後、ますますGoToキャンペーンが注目されることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。