水害への備え~河川氾濫の特徴とその対策~

ドボク大学の小川です。

今回は、日本のほとんど全域で梅雨入りしたとのことで、今後に知っておくとよい河川氾濫の知識や対策について説明していきます。

一般的に河川の氾濫は“内水氾濫”と“外水氾濫”の2種類に分類されています。

みなさんの家の近くにある川ではどのような氾濫が起こるのか、また、どのような備えが必要なのかなどをこの記事を通して考えてみてください!

はじめに

河川の基礎情報として、堤防で守られている住居や住宅地などのほうを堤内地といい、堤防に挟まれて川が流れている場所を堤外地と呼びます。

「堤防の内側が堤内地じゃないの?」と思うかもしれませんが、これは”輪中堤”と呼ばれる集落を囲った堤防の呼び方の名残といわれています。

確かに中を集落にした場合、守られているほうを内側とし、河川を外側すると自然と感じますね。

そして今回説明する外水氾濫とは河川からやってくる水害であり、内水氾濫は住宅地で発生する水害であるといったイメージを持つとわかりやすいです。

外水氾濫(がいすいはんらん)

外水氾濫とは、河川の水が増水し、堤内地に水がなだれ込む氾濫です。

外水氾濫には2種類あり、堤防を越える“越流”と堤防を破壊し氾濫する“破堤”があります。

外水氾濫が起こる原因は異常気象による局所的な集中豪雨や、台風などで広範囲に降る強い雨などが挙げられます。

平成25年の関東・東北豪雨災害の鬼怒川の氾濫や平成30年の西日本豪雨災害の倉敷市真備地区の浸水など、過去に起こった大規模な河川の氾濫は外水氾濫によるものといえます。

内水氾濫(ないすい氾濫)

内水氾濫とは降雨時に堤内地から堤外地に水を排水する際に、排水処理が追い付かなくなることや、側溝や排水路から水が逆流し、堤内地に水があふれてしまう現象です。

内水氾濫は都市地域でよく発生する水害であることから、“都市型水害”と言われています。

内水氾濫が起こる原因は、市外化に伴う水田・沼地の縮小や丘陵山林の開発流域の保水・湧水機能の低下雨水の流出形態の変化などが挙げられます。

対策

河川氾濫から身を守るとるべき行動についていくつか説明します。

土のうを用意しておく

一軒家に住んでいる人は、水害に対しては土のうを用意しておくことが大切です。

土のうがあれば水が町にあふれてきた場合も、出入り口をブルーシートやビニールシートでふさぎ、流れを遮り、自宅の浸水のリスクを下げることができます

また、下水が排出されなくなった場合にはトイレやキッチン、浴槽から逆流する危険があるので、蓋をする対策として土のうが役に立ちます。

外にあるものを中に入れる・移動させる

2つ目は、外にあるものを中に入れることです。

特に自動車やバイクなどは一度浸水してしまうと、検査や修理に出すことになり、手元に帰ってくるのに時間がかかってしまい、被災後の移動や食料調達などに大きな支障をきたします

家の外に置いてあるものは流されてしまい、避難の妨げになるため、台風や大雨が予想される前は移動させておくことが望ましいです。

早めの避難を行う

3つ目が最も有効的な対策です。

台風や各種前線は自然災害の中でも進路や到達時間が予想されやすいものです。

気象庁や地方自治体が河川の氾濫情報や降雨の時間予想などを発信しているため、それらの情報を受け、あらかじめ持ち出す道具・経路・避難所・連絡先等を用意しておき、避難行動をとることが大切です。

まとめ

ここまで記事から内水氾濫と外水氾濫について知っていただけたかと思います。

早めの避難を行うことが最も有効的な理由は、これらの氾濫は個人レベルで防ぐことが不可能だからです。

また、近年の異常気象の傾向から、砂防ダムや堤防などが完全に機能している状態であったとしても、被害が少なからず出ることがわかっています。

これからの水害に備え、有事の際の参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。