おすすめ土木系YouTubeチャンネル

ドボク大学の川﨑です。

今年の小学生(男子)のなりたい職業トップ10に「YouTuber」がランクインしたり、たくさんの芸能人がYouTubeを始めていたりとYouTubeが注目される機会が多いと思います。

今回は土木学生が選ぶ土木系YouTubeチャンネルをいくつか紹介していきたいと思います。

土木学生が選ぶおすすめ土木系YouTubeチャンネル

企業のPR動画や勉強に役に立つ情報までたくさんのチャンネルがさまざまな方法で発信しているようです。気になったものを紹介していきます。

ドボクサイズ?!土木工事はカッコイイ!

株式会社ジェイテック

求人ムービーをはじめとするPR動画の中で、とても印象的だったのが「『レッツ!ドボクサイズ!with girls ver.』土木工事で筋肉ゲット!!土木工事カッコイイ!!土木工事の川邊組が求人募集中です!!」という動画です。

サムネのインパクトはもちろん、内容もおもしろく若干中毒性がありました。求人ムービーも見る人の気を引けるような工夫がされていました。

測量の基本からの現場のことまで

修徳建設ICTアカデミー

現場での熱中症対策や測量の基本の解説など、どれもわかりやすかったです。

特に「【トータルステーション】すえかたのコツ◆ 土木測量の基礎講習」の動画では、大学の測量実習で行ったトータルステーションのすえかたを復習できました。測量を知らない人でも十分理解できる内容だと思います。

最新技術を知ろう!

建設システム

ICTの活用方法や実際の機器の使い方の解説など、最新技術についてわかりやすく解説されています。

どこでも丁張「既定断面編」(特許取得)」という動画では特許取得済みの技術を紹介されていました。丁張りは、インターンシップに行ったときに実際にやらせていただいたことがあるのですが、ビニールひもなどで目印をつけたりなどして手間がかかるイメージでした。しかし、動画で使用されている技術を使えば、とても効率よくできることがわかりました。

建設工学をわかりやすく解説

スライドで学ぶ建設工学

技術士の過去問の解説や大学の講義で登場する内容の解説など、社会人と学生の両方が活用できるような内容の動画が多かったです。

わかりやすい構造力学~超入門~」では、当たり前のように思っていた基本的なことに改めて気づかされました。ほかにもたくさんのわかりやすい解説動画があるので、ぜひご覧ください。

法枠工について知るなら

Horikou ちゃんねる

法枠工の施工現場の様子を見ることができます。遠くから見たことはあってもなかなかまじかで見ることはないと思うので、おすすめです。

【施工現場紹介】法枠工 (鉄筋挿入工) 吹付状況~完成」では、完成するまでの貴重な映像を見ることができます。斜面にある法枠がどのようにできているのか、ぜひご覧ください。

最後に

YouTubeという誰でも見ることができる場所にこうしてたくさんの土木系の動画が投稿されています。実際に現場に行かないと見れないようなものもYouTubeで見ることができるようになりました。だから、発信する側はもっと積極的に発信して良いと思います。すると、土木に対するイメージも今よりもっといいものになると思います。

YouTubeを通してもっと多くの人に土木の技術のすばらしさや面白さを知ってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。