都市計画とゾーン30との関係は?

はじめに

街中には「止マレ」や「回転禁止」、「専用通路帯」など様々な文字が道路に書いてあることがよくあります。

その中でも特に住宅地でみられる文字として「ゾーン30」というものがあります。

最高速度を示すものなのは分かりますが、なぜ「ゾーン30」という名称で、なぜ住宅地に設定されているのでしょうか?

結論から言うと「ゾーン30」とは、ゾーン規制の名称の一つであり、住宅地に設置される目的としては交通事故の減少、通過交通の抑制を図ることとされています。

一見シンプルな回答のようにも見えますが、背景には住宅地などの住環境に通過交通をさせないという都市計画的な側面を持っています

今回は「ゾーン30」について、それを取り巻く計画について説明していきます。

ゾーン30のしくみ

ゾーン30について詳しくみていきましょう。

ゾーン30について交通政策を行っている警察庁交通局からされています。

ゾーン30とは生活道路における歩行者等の安全な通行を確保することを目的として、区域(ゾーン)を定めて最高速度30キロメートル毎時の速度規制を実施するとともに、その他の安全対策を必要に応じて組み合わせ、ゾーン内における速度抑制や、ゾーン内を抜け道として通行する行為の抑制等を図る生活道路対策である。

参考 ゾーン30についてゾーン30について

ゾーン30のポイントして「ゾーン内における走行速度の抑制」「通過交通(抜け道としての通行)の抑制・排除」が挙げられています。

図1 ゾーン30の例

 

ゾーン30は図1のような狭い生活道路に設定されます。

30キロメートルで指定されている理由として、自動車が時速30kmを超えると人身事故を起こした際に歩行者の死亡事故が増加するからであるとされています。

これらのことからゾーン30は歩行者を守るために設定されたゾーン規制であると言え、安全性の向上に務めているといえます。

 

都市計画とゾーン30

ゾーン30のポイントで挙げられた「通過交通の抑制・排除」が都市計画的な側面を持っています。

ゾーン30の説明の中で示された生活道路とは、住民が主に日常生活で用いる道路で、自動車よりも歩行者が多く、歩行者が優先される道路のことを指します。

通過交通とは目的地にたどり着くまでに通過するだけの道路のことで、この場合は抜け道としての意味で用いられています。

まちは住居エリアの外側に幹線道路を設け、居住スペースと交通スペースを分けて形成されており、図1のような狭い生活道路を通過交通として用いることは危険であり、スピードを落とす以前に生活道路に侵入させないことが必要とされています。

そこで都市計画では完全に歩行者と自動車の交通を分離するのではなく、歩者共存という形で対策をとった結果としてゾーン30が生まれました。

これらのことからゾーン30は、単に自動車のスピードを落とすためだけの区間ではなく自動車の交通量を減らし、周囲の住環境の快適性の向上にも務めていることもわかります。

 

まとめ

いかかでしたでしょうか。

ゾーン30には歩行者の安全性を高める効果や、住環境の快適性をあげる効果がありました。

現在ではゾーン30について整備の拡大や知名度を高くすることが求められています

また、ゾーン30以外にも歩者共存の対策として「ハンプ」や「狭さく」が挙げられるので、興味がある方はぜひ調べてみてください

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。