10年目を迎える2020の春に改めて3.11を見つめ直す

ドボク大学の望月です。

今日は東日本大震災から、9年(10年目)となる日です。

今、改めて自分達ができること、考えることについて書いていきます。

 

3.11の被害を振り返る

 

2011年3月11日に発生した東日本大震災では、死者15,883人、行方不明者2,676人(平成25年5月10日警察庁発表)、また約13万棟の建物が全壊するなど、地震だけでなく津波被害、その後の火災や避難生活でも多くの被害・疲労を受ける形となりました。

 

参考 平成25年 防災白書内閣府 防災のページ

 

発災から今までに、他の地域でも熊本地震や北海道胆振地震、その他の豪雨災害があったわけですが、東日本大震災での避難者数は、今でも約48,000人(2020年2月28日時点)と公表されており、まだまだ過去のこととは言えません。

 

被災地の各地でも、被災後から復興計画を策定し、それに応じて多く動き出していることを耳にします。

 

その中でも、特に今年の土木学会デザイン賞の最優秀賞を受賞した「女川駅前 シンボル空間/女川町震災復興事業」は個人的に印象に残っています。有名な土木デザイナーが入っていることはもちろんですが、細かなデザインにも注目したいところです。

 

 

皆さんも、復興に向けて動き出している現地を土木の視点から改めて見つめ直すのはどうでしょうか?

 

新型コロナウイルスと3.11

 

そんな中、発災の日である2020年3月11日付近は多くのイベント・事業が自粛に追い込まれる事態となりました。自分も3月11日から東北に入り、大学のスタディツアー(現地視察と災害ボランティア)に参加する予定でしたが、残念ながら延期になりました。

 

他にも、政府主催の追悼式が中止になったり、各地での追悼式・イベントが中止になるニュースを多く見ました。

 

 

また、先日は全国の小・中学校/高校の休校要請により、卒業式がなくなるという学校も多くあったようですが、中学校3年生の学年は幼稚園や保育園の卒園式自粛ムードの学年でもあり、かわいそうだという声が広がっているようです。

 

 

国内におけるイベント自粛ムードは個人的に残念に思いますが、常日頃から、当時のこと・被災された方々のことを考える時間を作ることは大事であるように思います。

 

最近の明るいニュース

 

自粛などの暗いニュースが目立つ中で、いくつかの明るいニュースも出てきています。

 

2019年台風19号で一部の被害を受けた三陸鉄道リアス線も、改めて復旧し、3月20日には全線復旧するとのことです。

 

 

リアス線は、旧JR山田線(宮古駅-久慈駅間)を三陸鉄道に移管し、北リアス線と南リアス線と統合したことでもニュースになりましたが、改めてインフラを維持するという思いに感動するばかりです。

 

三陸鉄道については、Wikipediaの全路線紹介が素晴らしいのでぜひ見てみてください。

 

また、3月14日のJR東日本ダイヤ改正に伴い復旧するのが、常磐線の富岡駅-浪江駅間です。

 

 

こちらは、沿線の一部が帰宅困難区域に指定されていたため、バスによる代行運行がされていましたが、避難指示の解除の期日が決定したことに準じて、復旧が決定しました。このような鉄道という市民のインフラが復旧されることは、沿線市民の力になることだと思います。

自分としても、とても嬉しく感じるニュースでした。

 

今、自分にできることは何か

 

色々なニュースが飛び交う9年目の春ですが、土木という視点から改めて自分たちにできることは何でしょうか?

 

もちろん土木を専攻する自分たちからすると、海岸整備や都市計画に目を向けがちですが、もっと身近な、市民レベルでの関わり方もあると思います。

 

 

毎年、「3.11」と検索をすると、1人につき10円の寄付を行っているYahoo!では、寄付や購買による応援の方法を提示しています。

 

もちろん、災害ボランティアや観光をすることも応援の1つの方法となりますが、より濃密な時間を感じられる、市民活動レベルのこともあります。

 

 

LOVE FOR NIPPONでは、月命日にキャンドルを使ったイベントを実施したり、心に寄り添う支援・交流を実施しているそうです。

自分は渋谷区主催の渋谷防災キャラバンにて、この団体を知りましたが、素晴らしい活動だと思い、ここでシェアします。

 

さらに、今後に迫る「首都直下型地震」や「南海トラフ地震」、毎年起きている豪雨被害への備えを強めることも同じような災害を起こさないために重要です。

 

皆さんも、改めてこの機会に被災地のことや、防災の事について考え直してみるのはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。